banner

目的別にお金を貸してくれる場所

夢のマイホームや子どもを大学に入れてやりたい時、新車を買うときや借りるとき、家の場合や子どもの教育ローンは銀行から借りることが多いです。 これらは目的がはっきりしていているローンで、銀行の場合は審査が厳しく、審査が通るまで時間がかかることが特徴です。 借りるまでに手間がかかるこのローンをなぜ組もうとするかというと、金利が低いからです。 ローン返済時には、元金と利息を一緒に払わなければいけませんし、住宅ローンや教育ローン返済は長期間にわたることが多く、金利が高いと将来的に支払う金額が高くなってしまいます。 支払う利息を少なくするため、審査が厳しく時間が掛かりますが銀行で借りる人が多くいます。 銀行から低金利で借りる場合、目的がないと借りることはできないので注意が必要です。 しかし、急にお金が必要になることもあります。 その時には、審査に時間が掛かる銀行では間に合わないので、すぐに、お金を貸してくれるところを利用するのが賢明です。 申し込みから速い段階で融資を受けることができるのがノンバンクと呼ばれる消費者金融などのカードローンです。 このカードローンですと、借りる目的を掲示する必要がなく申し込みも、比較的簡単にできます。 審査も甘いところが多く、審査が早いのが特徴となっており、当日融資というところを利用すればその日のうちに融資することも可能です。 すぐに融資をしてくれる代わりに金利が高めではありますが、とにかく早くお金を借りたいという人にはお勧めです。 なお、借入を行う場合にはしっかりとした返済プランを立てておくとお金に追われる心配もありません。


未成年でもお金を借りることはできるの?

未成年者というのは20歳未満の方をいいますが、民法上、権利能力に制限を受けています。 成人しない限りは単独でできる法律行為が限られており、契約手続きなど重要な法律行為を行う場合は、保護者の同意や代理が必要になります。 お金を借りるためのカードローンも、金銭消費貸借契約であり、未成年者は単独で申し込むことはできません。 お金を借りたいときにカードローンを扱っている金融機関や貸金業者の申し込み条件としても、20歳以上という年齢条件があるのが通常で、キャッシングは利用できないのが基本です。 ただし、クレジットカードの場合は18歳以上であれば申し込みが可能です。 ただし、18歳の誕生日を迎えても高校生は申し込みができません。 また、単独では申し込むことはできず、18歳と19歳の高卒以上の方は、申し込み時に保護者の同意書面が必要になります。 基本はショッピング枠のみですが、クレジットカード会社によっては、5万円までなど極めて少額のキャッシング枠を付けられるケースがあります。 もし、親が同意をしてくれてキャッシング機能を付けることができた場合、その利用限度額の範囲内で、クレジットカードを使って、コンビニATMなどで借り入れが可能となるのです。 親権者の同意が得られるかは別として、クレジットカードを利用した借り入れ手段が1つ考えられます。 そのほかの方法としては、親や祖父母に借りるか、学費であれば学業で成績を上げ、奨学金を借りる方法も考えられます。

Copyright(c) 2016 どうしてもお金を借りたい.net Inc. All Rights Reserved.